忍者ブログ

京都大学戦争遺跡研究会(2018-)

戦争遺跡研究会は、主に戦争の記憶を後世に継承するための活動に取り組んでいます。活動内容は、戦争体験者からの聞き取りや、「戦争遺跡」と呼ばれる明治~昭和までの戦争に関する遺構の調査研究などです。現在、各地の教育委員会や郷土史家、戦友会、有志の方々などのご協力を頂いて「戦争遺跡アーカイブ」を作成中です。当会の活動としては、戦跡の調査研究のほか、戦争体験者からの聞き取り、会報の発行、一般向けフィールドワークの企画、11月祭での展示を主に行っております。本サイトでは我々の活動の一部を公開させて頂きます。ご質問ご意見はyuki0118(アットマーク)gmail.comまでお願いします。2015/16年以前のブログはこちら→http://senseki3.kyotolog.net/ 2017年のブログはこちら→http://senseki.kyotolog.net/ ツイッター @sensenki3

吉田寮祭特別展「戰中派の聲(せんちゅうはのこえ)」展開催します!


2018年度の吉田寮祭(6/1-6/10)に合わせて、企画展示を行います!
みなさまどうぞお越しください!

戦争体験者の証言や現代へのメッセージを紹介するほか、戦時中の品々を展示します。



6/3(日)14時からは、戦中派世代の西岡正之さまにお越しいただき、当時のお話を伺います。西岡さんのおられた第八航空教育隊にはかの三船敏郎も所属していました。

西岡正之氏(昭和3年生まれ)
昭和19年8月 八日市 中部九八部隊(第八航空教育隊)入隊
昭和20年1月 陸軍小牧基地配属 本土防空戦に従事
昭和20年8月 終戦 復員

 ご不明な点はコメント欄やメールにてお問い合わせください。




PR

コメント

プロフィール

HN:
三太郎
性別:
非公開

P R